Hospitality

私たちの想い

プロフェッショナルチームが
おふたりをサポート

ブランリール大阪のスタッフはおふたりの専属プランナーだけでなく、
サービス・シェフ・パティシエまで全員が「すべてのお客様が自分の担当するお客様」という想いを共有しています。
それぞれの分野のスペシャリストたちが一つのチームとなり、世界にひとつだけ、一度だけの特別な結婚式をお約束します。

笑顔が集まる日

支配人桑田 一樹

一緒に考えましょう

「こんな結婚式にしたいんです!」
お客様からお言葉をいただいた時
「やりましょう!」
迷わず答えます

おふたりが思い描いた最幸の一日
どのように表現するのがいいのか
考えるのが楽しくて仕方ないのです

おふたりの周りにたくさんの笑顔が集まる日
想像を超える一日を実現させます!

全ての人達に「ありがとう」

エグゼクティブプランナー中尾 友香

素直な気持ち

チャペルの扉の前で
入場を待つ新婦と父

「お父さん今までありがとう」

扉に向かって一点を見つめる父の腕に
寄り添いながら震えながらもしっかり伝えた
感謝の言葉

少し間が空いてしぼり出すように父が言った

「あぁ」のかすかな声

静寂の後に扉が開き
歩き出した父と娘の姿

私も感謝の気持ちを言葉に出して素直に言おう

結婚式の1つ1つの出来事が
私の人生を豊かにしてくれています。

全ての人達に心をこめて「ありがとう」

想いの届け方

チーフプランナー小岸 祐衣

伝え方は様々

結婚式という特別な日に
大切な人へ溢れる想いを伝えること

誰でも照れくさくなってしまうものです

「みんながいる前で手紙を読むのは恥ずかしい」
そう言われる方も少なくありません

ただ言葉を交わさなくても
繋いだ手と手から伝わることもたくさんあるはず

どんな時も支えてくれたご家族のこと
いつも一緒に笑い合ったご友人のこと
たくさん聞かせてください

それぞれに合った想いの伝え方 私が一緒に考えます

おふたりと出逢えたことが幸せ

チーフプランナー岡田 実希

結婚式が大好き

「どんな結婚式がおふたりらしいだろうか」
「どんな提案をすれば
おふたりをもっと幸せにできるだろうか」

おふたりのことを考える時間も
おふたりのことを知る時間も
すべては大好きなおふたりの
結婚式に繋がっている

おふたりと出逢えた幸せ
おふたりの結婚式を仲間と一緒に創る幸せ

一つひとつの幸せを大切にして
私は結婚式を創ります

目の前の笑顔を目指して

ウエディングプランナー磯貝 友香

笑顔を創ることが私の特技

どうしたらこの方に笑ってもらえるだろう?
ふとした瞬間にもそんな事を考えています

ワクワクする提案をたくさんしてみよう
遠くから来てくれたゲストへ声を掛けよう
料理は出来立てを届けよう

形は様々ですが 大切なことはひとつだけ

目の前の方をもっと笑顔にしたい!
皆様の笑顔が私の原動力です

おふたりの心を照らす存在でありたい

ウエディングプランナー杉本 陽

太陽のように明るく元気に

結婚式の準備はとにかく楽しいものです
どんな進行にしようか―
どんなBGMを流そうか―
あれこれ新郎新婦のおふたりと考えながら
一つひとつ形にしていきます

しかし 大切な1日だからこそ
当日を迎えることが心配になったり
不安な気持ちに駆られることも少なくありません

そんな時こそ
「まずは自分が明るく元気に!!」
私達を照らす太陽のように

おふたりの心を再び晴れやかに前向きにします
私と一緒に最高の結婚式を創りましょう

お客様の幸せのために

ウエディングプランナー佐々木 智規

幸せの架け橋となれるように

「いつでも全力で一生懸命だね」
私にとっては最高の褒め言葉です

打ち合わせの中で楽しそうに話してくださった
たくさんの新郎新婦の想い

家族に感謝を伝えたい
ゲストにワクワクしてもらいたい

おふたりの想いは 私の想いでもあります
私はその想いにまっすぐに向き合います
一生懸命に全力を尽くします
私が幸せへの架け橋となります

さぁ いよいよ入場です
心配はいりません
私がそばにいますから

全力で楽しみましょう!いってらっしゃい!

私にしか創れない一日を

ウエディングプランナー鈴記 さくら

夢が叶う日

小さい頃から夢見ていた一日
人生で一番輝く一日

そんな大切な一日に携わることができる幸せ
嬉しくて嬉しくて 仕方ありません

新郎新婦のことをたくさん知っている
私だからこそ創ることができる一日がある
私にしか創れない一日がある

一緒に創ってきたからこそ
おふたりの夢が叶う日 私の夢も叶います

私は今までもこれからも
おふたりに「より近い」存在でいます

共に考えることの出来る喜び

キュイジニエ岡 香織

おふたりらしさをカタチに

「どんなケーキがいいですか?」
「あんまりイメージがなくて…」

そういう新郎新婦は少なくはありません

「ではおふたりの好きなことはなんですか?」
そう聞くとたくさん出てくる答え

その一つひとつを拾っていきます
まるでパズルを作るかのように
おふたりの好きなこと一つひとつがピースとなり
私とおふたりのウエディングケーキが完成します

「当日がとっても楽しみです」
この一言が聞きたいから

結婚式当日
おふたりが入刀する姿が見たいから
今日も私は大好きなケーキをおふたりの為に作ります

心を込めて

キュイジニエ佐藤 稜

食材と真剣に向き合って

結婚式の料理はレストランと違い
次が必ずある訳ではありません

だからこそ 僕は一つひとつの食材と向き合って
最高のカタチで 皆様に召し上がって頂ける様に
心を込めて仕事をしています

そして結婚式当日
オープンキッチン越しに見るおふたりとゲストの皆様の
おいしそうに食べている笑顔が大好きです

「忘れられない思い出を残してください」

シェフ青木 大介

料理と共に過ごす時間

「今まで結婚式に出席して印象に残っていることはありますか?」
初めて会場見学に見えたおふたりに訪ねた言葉

「余興したことと•••あとはあまり党えてないかな」
結婚式の中でもっと料理の印象を残したい
強くそう思うようになりました

一品一品手作りで作っている良さを現すために
オープンキッチンも大切な演出です

おふたりの笑顔がたくさん残るカメラに
私達の姿と料理も残してください

記録にも記憶にも残る
最幸の料理をお約束します!

描いていた未来が今ここに

キュイジニエ上田 潤

心を込めて料理を届けます

料理人の父
その偉大な背中をずっと追いかけてきました

小さい頃からの夢
それは「料理人」になること

でもいつしかその夢は
「私の作った料理で 目の前の人を笑顔にしたい」
に変わりました

料理にかける情熱は誰にも負けません

皆様に笑顔になっていただけるように
一つひとつ丁寧に
心を込めて料理を作ります

彩りをそえて

キュイジニエ工村 美彩希

笑顔の花を咲かせたい

結婚式の料理の締めくくり
そこに欠かせないのはデザート

新郎新婦の地元の食材
旬で美味しいフルーツ
ふたりの思い出のスイーツ

おふたりだけのデザートにできるのは
貸切の結婚式だからこそ

新郎新婦からゲストへの感謝の気持ちを
華やかで鮮やかな一皿にのせてお届けします

最高の景色で最上級の料理を

スーシェフ河原 菜帆

料理のアクセント

ブラスのゲストハウスは最高の景色を
ご用意しております

まずはこの景色を楽しんでいただき
その第一印象を超えていく料理があります

料理の見た目や味だけではなく
この空間自体も
料理の一部だと感じていただき
会話にも華が咲くように

この場所でしか味わえない最高の料理と
最高の景色で皆様をお待ちしております

いつまでもおふたりの
「帰ってこれる場所」へ

結婚式が縁でつながったおふたりとの絆をずっと大切にしたい、
『帰ってこれる場所』としてありつづけたい。そんな想いから生まれた、
毎年夏に開催される「夏祭り」、「撮影会」などの様々なイベント。

詳しく見る